最高のパートナーに贈る「you’ve got a friend 」

第5回アルベロジャズナイト8/24第5回Albero. jazz nightにお越しいただいた皆さま、

本当にありがとうございました!!

アルベロ.に来たのが初めてという方もいらっしゃいましたね。

 

今回私しみじみ実感したことがあります。

マキさんといろんなことを打ち合わせしているわけでもなく、

お店の中のことなどを細かく知っているわけでもないのに、

今のアルベロ.にすごく相応しい、しっくりとくる曲を選んできてくれること。

 

本当に不思議です。

そして何度も一緒にお仕事させていただいていくうちに、私たちのキモチとかが繋がっていくのかなあって感じました。

何度も来ていただいていますが、毎回全然違うステージなんです。

 

今回のドキドキ興奮する感覚は今まで以上だったかもしれません。

特に映画「バグダッド・カフェ」のテーマ曲である「Calling you」は、ものすごい声量と表現力で圧巻でした。

 

マキさん曰く、まだまだ勉強中というイーグルスの「Desperado」も素晴らしかったです!

まさかこの曲を出されるとは予想もしませんでした。

 

そして毎回私から無茶ぶりされているリクエスト曲。

今回私がお願いしたのは、アルベロ.が9/18で3周年を迎えるので、

3年間共に突っ走ってきたオーナー・ハットリくんへ、感謝の思いを込めた一曲をプレゼントしたいということでした。

私が伝えたのは彼がキャロル・キングの曲が好きということだけ。

マキさんから返ってきたのが「you’ve got a friend」

まさに私のキモチぴったりの一曲を選んでくださって、本当に嬉しかった。

普段はなかなか伝えられないけれど、音楽のチカラってスゴイですからね。

 

アルベロ.にとっても、私自身にとっても、ハットリくんはなくてはならない存在です。

毎日私を笑顔にさせてくれる強い人ですが、どんなことがあっても

私は彼を支えていきたいと思っています。

何があってもすぐそばにいることを、この曲を通して伝えられたかな。。。

 

少し早いけど、「ハットリくん、3年間本当にありがとう。」

 

みなさんにもこの素敵な曲をプレゼントです♪

James Taylorと一緒に歌うのが素晴らしく素敵ですよ☆

↓↓↓

 

 

 

 

 

広告

8/24本日Albero. jazz nightです!!

今日の夜は、第5回になりますアルベロ.ジャズナイトです!

 

私がどうしてこのライブを始めようと考えたか・・・・それは

営業終了後の夜のひっそりとしたアルベロ.店内にいると、

何とも言えないほど癒されるのです。

小さな灯りのなか静かに音楽を流し、高い吹き抜けの空間に包まれながら

一日の終わりのコーヒーを飲む。

それが私の日課でした。

全てに解放されている気がしました。

よし、また明日も頑張ろう! そう思えました。

 

毎日頑張っている女性が

今苦しんでいる女性が

一番癒されて一番幸せになれる時間を作ろう

一番苦しんだ人が一番幸せになれる権利を持っているのだから。

 

人には言えない心の深くに仕舞い込んだ思いを

たくさんの音と言葉に結びつけて向き合ってほしい。

そうすることで人は強い勇気がわくと思ったんです。

 

ほんの一瞬であっても

人を変える時間となることがある。

 

アルベロ.が出来ることはそんなに多くないけけれど、

思いついたことはどんどんやっていきたいのです。

そうすることで幸せになれる人がいるかもしれない。

 

ただただひたむきにそのことだけを思って行動していきます。

 

アルベロ.ジャズナイト

素敵な素敵な特別な夜のひとときです。

良かったら一緒に過ごしてみませんか?

今日の営業は16時で終了。ライブの準備に入ります。

ライブは18時から受付・19時から演奏スタートです。

 

 

Vo.のマキさんのココロのあるハスキーな歌声が

きっと胸に染み入ることでしょう。

 

マキさん

 

 

 

おススメストレートコーヒー発売します!

基本的には、やや深煎りから深煎りのコーヒーを好んで飲んではいますが、

絶品の、浅いローストの豆を仕入れたので、是非皆さまにもお試しいただきたいと思いました。

 

そんなにコーヒーを好んで飲む方ではない人から特に

「酸味がないものがいいです」

ということを言われます。

その方たちに共通していることは、本当に美味しいコーヒーを飲んでいないということです。

もし購入したコーヒーを酸っぱいと感じたことがあるとしたら、それは明らかに

劣化した古いものであると思います。

そしてさらにコーヒーの「酸味」を「酸っぱい」ことと間違って理解しているのです。

 

コーヒーは果実です。

酸味があるのは当然で、酸味がなければ美味しさはあり得ません。

ローストの仕方によって、また豆の種類によって、当然酸味の出方も変わっていきますが、

浅いローストでのコーヒーは特に、苦みではなく酸味を味わうものとなります。

 

コーヒーはあまり好んでいなかったという方、

またコーヒーといえば、苦みがなければ飲んだ気がしないという方、

両方の方に是非ご紹介したいコーヒーが、今回のおススメコーヒーです。

 

『コロンビア・ブエナビスタ農園 ミディアムロースト』

 

私がイメージしているコロンビアとはまるで異なった華やかな香味があります。

浅いローストであるにも関わらず、しっかりとしたボディ感も感じられます。

なんといってもベリー系の爽やかな酸味は特筆すべきでしょう。

このさっぱりとした飲みやすい、あり得ないほどきれいな酸味を

是非体感していただきたいと思います。

朝の目覚めにもピッタリかもしれません。

ただほかの濃厚な食べ物と一緒に飲むには、負けてしまう繊細さがあります。

是非このコーヒーだけを飲んでほしいなあと勝手ですが、思っています。

 

仕入れた豆がなくなり次第販売終了です。

他の豆よりも高価な貴重な豆ですが、

お試しということで1杯¥400で提供します。

お替わりはできません。

より多くの方にお試ししていただきたいと思います。

店頭では名前を出しません。

ご希望の方は、店員に「コロンビア」とお申し付けください。

 

コロンビア・ブエナビスタ農園

本当に感動のコーヒーです。

 

 

※このコーヒー豆はtonbi coffeeにてご購入できます。

 

コロンビア・ブエナビスタ