オススメのストレートコーヒー 販売します。

大マメのコーヒー好きは、知っている方は知っているところでしょうが、

あまり表面に出すと嫌がられるので、普段は沈黙を守っております。

でも、アルベロ.として、なぜこのコーヒーを勧めたいのか、どうしても伝えておきたいこと等、

そういう場合に限っては、いつもの沈黙を破らせていただいております。

アルベロ.においては、オリジナルブレンドが最高であると自負するところですが、

大マメもたまには他のコーヒーの味を楽しみたいし、

コーヒー好きのお客さまにも、いつもとは違う味を楽しんでいただきたいと思ったりもします。

今回オススメするのはまったく異なる二種類のコーヒーです。

軽いハイローストの東ティモールと、

深いフレンチローストのスマトラマンデリン。

スマトラマンデリンと言えば、当店のジェラートや、カフェオレにも使われているコーヒーですが、

その素晴らしさをストレートで味わっていただきたい思いがあります。

病害虫に弱く、生産性の低い在来種を、これでもかというほどの工程を経て選別された豆だけを用いて

さらに大変高度な技術力を問われるフレンチローストで、その豆の良さを最大限に引き出したコーヒーです。

工程のどの部分が欠けても、この味は成立しません。

こんなにも手をかけたコーヒー豆を美味しく淹れられなければ、生産者に申し訳ないという思いで

日々抽出しています。

フレンチというと、単に苦いというイメージがつきものですが、

それは一般消費されているインスタントのロブスタ種からくるのでしょうが、

コーヒーの苦みは旨味ということが理解できる豆です。

味を表現するのは大変に難しいことですが、

私がこの豆を気に入ってしまった最大の特徴は

何よりクリーンで力強い、木や森、自然の中のような味わいが広がることと、舌に絡みつくとろりとした滑らかさです。

じっくりと味わっていただきたいと思います。

東ティモールはハイローストです。

すっきりとした果実の酸を感じられる、爽やかさ満点の味わい。軽やかです。

こちらも在来種になります。

そして有機栽培の豆であり、JAS認証も受けています。

また日本のピースウインズジャパンが支援したフェアトレードの豆でもあります。

PWJが作ったショートムービー

『美味しい珈琲の秘密』を是非ご覧ください。

ココロに響きます。

両方のコーヒーは、明日の午後から販売開始とします。

広告

『ヒ・ル・コのおくりもの。』展 明日からです!

「ヒ・ル・コ」と聞いて、なんのこと? 誰?なんて思われたかもしれません。

ヒルコの「ヒ」は・・・ヒツジ小屋

ヒルコの「ル」は・・・ルーエ

ヒルコの「コ」は・・・コッパハウス

この3組の作家さんたちが、皆さまに贈りたい「おくりもの」を

展示・販売してくださる企画展です。

昨日は一番乗りでコッパハウスさんが搬入に来られました。

とにかく什器などまですべて自分たちで手作りされていて、

手作りって素晴らしいって、改めてしみじみ、じ~んとして

この企画展がますます楽しみになってしまいました!

コッパハウスさんは、ご夫婦で作られていて、実店舗があります。

高崎・飯塚町にある「デザインジム空想図鑑」&「coppa house」

さまざまなデザインを手掛けるベテランの芸術家夫婦です。

coppa→木っ端

つまり木っ端を使った小さなおうちがトレードマークの作品。

この小さなおうちがたまらなくカワイイんです。

どれもみんな表情が違うおうちで、こんなおうちがあったらいいなあなんて

想像の世界に入りこませてくれます。

そんなコッパハウスさんによるワークショップが土日午後からフリーで行われます。

アートなポストカードが作れて、しかもそのカードホルダーがおうちになっていたりして

すぐに持ち帰って飾りたくなること間違いなし!

日曜の午後は、ご主人もいらしてさまざまなものをその場で作って見せてくださるという

見応えのある贅沢な時間になります^^*

coppa

そしてもうお二方は、いずれも埼玉の作家さんです。

ひつじ小屋さんは、前回のアルベロ.マルシェにも出店していただいた

羊毛フェルトでさまざまなものを作られる作家さん♪

今回も素敵な作品でいっぱいです。

hituji58

中でもこの動物たち!なんて愛らしい表情なんでしょう。

大マメ一押しです!

※この平たい動物たちは、材料費を差し引きました全額をNPOの動物保護団体に募金予定でおります。

皆様の暖かいご支援をお願いいたします。

Ruhe(ルーエ)さんは、木の実やスパイス、ドライフラワー、ブリヨンなどを使ったもの作りをされており、

その作品から伝わってくる、ルーエさんの繊細さ・敏感で上品な感性が、品のある女性力を養わせてくれるのです。

ruhe

まったく異なる三組の方たちによる企画展。

今までにない素敵な空間に、是非遊びに来てくださいね☆