私にとっての「pure&dark」とは・・・

ウユさんネックレス

24日のマルシェでは、企画展と合わせ、出店者の皆さまに出したお題も「pure&dark」でした。

一人ひとり違う「pure&dark」 皆さんはお読みになりましたか?

これらはアルベロ.の歴史を作る、大切なタカラモノです。

2回とは見られない貴重な言葉の数々、本当に大切なものです。

是非ご来場の際は、それぞれの出店場所に貼り出されたテーマに沿った用紙に、目をとめてみてくださいね。

実は今回、自分の考えるものは貼り出すことが出来なかったので、改めてこちらでお応えする形にしようと思いました。

「pure & dark」

まるで優雅に泳ぐ白鳥の

気高い姿がpure

水面下では、必死に水を蹴り上げる努力をし続けている

それがdark

それは表裏一体

誰が見ていなくても

誰が賞賛しなくても

自分は知っている

自分は嘘がつけない

darkがあるから、pureが光る

darkの中にこそ、pureがある

泥まみれになって

もがき苦しんで

悩みの渦に巻き込まれて

それでも進もうとするdark

泥水の中から生まれる蓮華のように

鉱山の中から見つけるダイヤのように

全ての人の中にある光り輝くpure

ココロの中のpureは、誰にも壊されることのない

強くたくましい力

私たちは、自分の中の強くたくましいpureを

引き出したくて、知りたくて、生かしたくて、darkを進む

全ての人が持っている

光り輝くpureは

darkの中で磨かれて

その存在を価値あるものへと昇華できる

dark

その意義は深い

私たちはdarkによって、いつしか誰にも冒されないpureを

日々作り出しているのだろう

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中