レガーロ×レガーレのお菓子のこと。

最近急に「卵もバターも牛乳も使わないお菓子」を作り出して、どーしちゃったんだろうって思われてる方もいるかもしれません。

 

私自身、今までは「バターLOVE❤︎」で、バターをたっぷりのお菓子が当たり前でいたので、自分の変化に驚くばかりです。

今までの私のお菓子を好きでいてくれた方には申し訳ない思いですが、実を言うと、私のココロとカラダが拒否反応を示すようになっているのです。

味見はモチロン、材料を扱うことにも抵抗を感じたりするので、これはマズイ。自分が美味しいと感じられなくなったら、それを売るわけにはいかないではないかと、しばらく悶々とした日々を送っていました。

 

お菓子は食べたい。

でも一般的な洋菓子は喉を通らない。

じゃあ今の私が美味しいと感じるお菓子を作り出すしかないじゃないか。

今まで考えもしなかったレシピに、子どもの頃の自分のようにワクワクドキドキしながら、今チャレンジしています。

今の私のお気に入りは、大豆のビスコッティと、レモンとココナッツのスコーン。

毎日食べても、毎日美味しいと思うんです。

 

そうやって、美味しい!と思えたものだけを販売するようにしています。

悩みながら、試行錯誤しながら、

「ああ、また食べたい。」

そう感じられたお菓子たちを、皆様に

日々のオヤツに、

ちょっとした贈り物に、

選んでいただけるよう努力しています。

もちろん、材料にはかならず

高崎産の食材を用いて作っています。

ココではお菓子もすべて

「高崎のおくりもの」と捉えています。

 

でも、卵もバターも悪者ではありません。すべてのお菓子から排除するつもりはありません。

特に平飼い有精卵の美味しさは素晴らしいと感じていますので、これからも使い続けていきます。

食材を選び、カラダが喜ぶお菓子。

今日もおやつが美味しい♪

と感じられますように。

これからも新たな挑戦を続けていきます。

 

広告

ルビー色のいちごジャム

毎年いちごの時期に必ず作る、大好きなジャムが「ルビー色のいちごジャム」です。

 

レガーロ×レガーレが、高崎産にこだわる「高崎の贈りもの」をテーマにしたお店だということから、今年のいちごは、上里見町にある西山農園さんのいちごを使っています。

使ってみて分かったことは、西山農園さんのいちごが素晴らしい‼︎ってことです。

こんな身近に、こんな美味しいいちごがあったなんて知りませんでした。

レガーロ×レガーレを始めて、本当に良かったと感じたことの一つです。

 

「ルビー色のいちごジャム」は、まずいちごに砂糖をまぶし、いちごから出る天然のシロップを抽出していきますが、4kgのいちごを使っても、抽出できるシロップはごく僅か。

それは私の考えで、砂糖の量が少ないからです。

砂糖は北海道産のビートグラニュー糖(甜菜糖)を使い、このジャムの場合は30%です。

少なすぎても多すぎてもダメ。

いちごの香りを感じられる仕上がりにするための、私のやり方です。

 

そしてこれを煮詰め、いちごの果肉に戻す作業をしていきます。

いちごがシロップを含んで、ふっくらしていくように、また果肉を崩さないように気をつけながら作ります。

丁寧なアク取り作業も欠かせません。

そして出来上がったものは、美しいルビー色となるのです。

通常のジャムよりさらりとしていますが、水は一滴も入れません。

そのいちごの味だけが濃縮されています。

4kgのいちごを使っても、出来上がるジャムは、15本のみです。

なんとも贅沢なジャムですね。

それでも作りたいジャムなのです。

いちごに敬意を表するような、いちごをさらに美しく化粧してあげるような、そんな気持ちで作ります。

これからもきっと、毎年作るんだろうなぁって思います。

 

 

 

新店舗事業について

現在アルベロ.の隣に建設中の、新店舗についてお知らせいたします。

 

店名は【Regalo×Regale】

レガーロレガーレと読みます。

Regaloは「贈りもの」

Regaleは「人の心と心を繋ぐ」という意味を持ちます。

 

ここでは、主に高崎産の食材を用いて作り出した商品を

『高崎のおくりもの』として全国各地へ発信してまいります。

そういった大切な人へお届けする「贈りもの」を通して

人との繋がりが、強く深く広く倍増していけるようにしたいとの思いがあります。

その取り組みが、将来にわたって、生き生きとした人の往来で活性化される高崎へと

進化していく一助となることを願って、私たち自身が率先して、

地域に寄与できる活動の拠点になるよう、事業を推進していく決意です。

 

また高崎そだちの食材の加工だけではなく、食材そのものも販売したり、

その場で調理してお召し上がりいただくことや、

さまざまな料理教室を開催したりもします。

今までのアルベロ.以上に、

これからさらにいろいろなアイデアで、皆さまに喜んでいただき、

元気になってもらえる場所作りをしてまいります。

 

現在の建築進行状況を踏まえ、

オープンは11月18日を予定しております。

具体的な営業時間やお休みなどは、近くなってから

改めてお知らせいたします。

 

最近特にお問い合わせの多い「梨カレーランチ」ですが、

新店舗の準備を急ピッチで進めており、すぐに対応できない状況です。

「梨カレー」の販売及び「梨カレーランチ」は、

新店舗Regalo×Regaleで販売を開始させていただく予定でおります。

 

併せて、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

challenge

昨日は第25回目のアルベロ.マルシェでした。

新規のお客さまが増えて、ご存じない方が多いかと思うので、改めて綴っておこうかなと思います。

私がアルベロ.マルシェをどう考えて、ここまで継続してきたかということ。

それこそが私のチャレンジでした。

アルベロ.のパンフレットにも書きましたが、

アルベロ.は、この榛名という地に、深く根を張る「木」のように、

人と人が関わる中で、大きく、そして豊かに実りを付けるように、

お互いが成長していける場を作りたいと考えています。

そこでは、一人ひとりが主役になって表現することが重要だと思っています。

アルベロ.マルシェのコンセプトであり、ポリシーでもあることは、

「言葉は力!

伝えよう、たった一人の大切な私自身を」です。

出店者の方にテーマを出し、毎回自分の言葉で表現していただいていることは、

このイベントを作り上げる中心となる一人としての自覚を持ち、

自分から人に、自分自身はこんな人ですと伝えてほしいからです。

言葉にするって難しいことかもしれない。

でも言葉じゃなければ伝わらないことはたくさんあるのです。

言葉の力を私は強く信じています。

慣れないながらでもいいのです。

一生懸命、今の自分の等身大で頑張って表現すると

次はもっと表現力がついてきます。

その力は必ず、さまざまな人生の場面で役立つでしょう。

人を知ることから、人と繋がります。

人と繋がることは、世界が広がり、自分を豊かにしてくれます。

成長した自分を発見すると、人は元気になるのです。

元気は人に伝わります。

 

アルベロ.マルシェという場所での小さな挑戦は、

私自身の負けられない戦いの連続です。

皆が笑顔で帰られますように!

元気になりますように!

さらに力を付けて、味方を増やして、

自分の居場所で輝けますように!

アルベロ.マルシェが、次への活動の踏み台になりますように。

そのための挑戦です。

挑戦とは、真剣でなければ挑戦とはいいません。

どれだけ真剣に向き合うかで、結果は大きく変わります。

今日の挑戦が自分の明日を作ります。

人が生まれながらにして持っている、成長したいという思いが

今日の挑戦を生むのだと思います。

 

「アルベロ.マルシェ」は、挑戦の歴史を刻んでいますので、

これからもどんどん変化していくと思います。

もっと楽しく、もっと元気に。

私の挑戦はこれからも続きます。

challenge

 

Albero. collabo houseの運営について

アルベロ.コラボハウスは、今まで企画展でのみ使用してまいりましたが、

利用規約を改定し、さまざまな方にご利用いただける場所として

運営していくことにいたしましたので、ご報告いたします。

アルベロ.が主催する企画展以外の日程で、一年を通して予約制での貸し出しとなります。

ご希望の方は、お問い合わせください。

コラボハウス外観2

 

 

 

Albero. sunny bird企画によるヨガ教室のお知らせ

Albero.が運営する、女性による女性のための、

心身の健康・癒し・美容等を併せて支援するShop「サニーバード」が企画している、少人数制のヨガ教室についてご案内いたします。

3月の予定は以下の通りです。

(講師である梅沢先生のブログより抜粋させていただきました)

 

1.女性としてのカラダを慈しみ、生理や妊活・更年期にまつわるお悩みを軽減する
「月経血コントロールヨガ」。

冷えや経皮毒対策として、布ナプキンにご興味をお持ちの方にもオススメです。

詳細はこちら → http://ameblo.jp/ume1050cc/entry-12115645505.html

 

2.伝統的なヨーガの技法により、ココロとカラダの穏やかさを取り戻す
「 ラージャ・ヨーガ & やさしい瞑想 」。

脱力やリラックスの仕方がわかるようになり、頭の中が空っぽになる”無心”のひと時をお過ごしいただけます。慌ただしい日常に追われている方には是非ご体験いただきたい内容です。

詳細はこちら → http://ameblo.jp/ume1050cc/entry-12115920189.html

※今回は、両レッスンとも同日開催となります。

【 日 時 】
平成28年3月20日(日)

①「月経血コントロールヨガ」 10:00~11:30
②「 ラージャ・ヨーガ & やさしい瞑想 」 13:30~15:00

【 定 員 】
各5名

【 参加費 】
各1,500円

【場所】

アルベロ. コラボハウス

【講師】

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士

梅沢栄先生

【 お申し込み 】

先着順にて受付をいたします。
定員に達した場合はキャンセル待ちとしてお受けいたします。

アルベロ.までお電話いただくか、sunny birdのfacebookページからメッセージをお願いします。

→https://www.facebook.com/albero.sunnybird/

 

お持ちの方はヨガマットなどの敷物をご持参ください。(いくつかの用意はあります。)
動きやすい、締め付けのない服装が良いと思います。
気温が低い日でしたら、上着やひざ掛け、レッグウォーマーなども適宜ご用意なさると快適にお過ごしいただけると思います。

 

yo-ga

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集のお知らせ

アルベロ.では、3月末ころより働けるスタッフを募集いたします。

今までは、娘が休日スタッフとして頑張ってくれていましたが、

3月で5年間の看護学校生活を卒業し、4月からは

看護師として(まだ国家試験が残っていますが・・・)

就職するため、新しく働いてくれる方を探さなければならなくなりました。

土日祭日を中心に、忙しい時期に応じて日数は増やしていただくことになります。

仕事内容は、外から見るよりハードです。

さまざまなことを覚えていただくことになるでしょう。

出来れば今後の事業展開も踏まえて、長く勤めていただける方を希望します。

希望される方はお電話ください。

メールでの受け付けは致しません。

都合を合わせて、面接させていただき、後日お返事いたします。

面接時には必ず履歴書を持参ください。

細かいお話しは、面接時にさせていただきます。

 

また、山木農園では、農園作業に興味のある方のボランティアスタッフを

随時募集いたします。

果樹栽培全般、畑仕事、田植え等々、時期ごと作業ごとに

人手を必要としています。

今後農家志望の方や、作業内容によって経験を積みたい方など

懇切丁寧に指導させていただきます。また土地に関するご相談等も受け付けます。

覚えたいことだけでも結構です。

こちらもアルベロ.までお電話にてお問い合わせください。

まずはお会いして、ご相談の上、決めて行けたらと考えています。

状況によっては、アルベロ.山木農園に就職する道になるかもしれません。

 

アルベロ.山木農園として、今まで体験農園に使っていた畑も、

今年は本格的な仕事としての畑を作っていく予定です。

加工品にもさらに力を入れてまいります。

 

私たちとともに、汗を流してくださる方のご応募をお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

第23回アルベロ.マルシェ出店者のご案内

今年最後のアルベロ.マルシェは、11/22(日)

いつも通り10:00~16:00です。

いつもと違うのは、雨天決行ということです。

もちろん雨では無理な出店内容の方もいらっしゃると思いますので、

その時は可能な方にだけ出店いただくこととします。

ではお待たせしました!

出店者のご紹介です。

・アジアンキッチンHari Hari  上並榎にあるアジアンカフェのハリハリさん♪

移動販売車で登場です。

・Cafe MAKAP  移動販売の自家焙煎珈琲専門店!ドリンクはマカプさんで決まり!

・クラブティエリ  体にいいモノを作り続けるケータリング専門店☆

ご夫婦の役割分担が素敵なモノを生み出します。

・スープ日和  栄養士さんとハーバルセラピストお二人のセンス良いお食事をどうぞ!

・俺のそば  飯塚町にある、一風変わったお蕎麦屋さん。ソースかつ丼やモツ煮が最高!

今回は何をつくってくれるでしょうか♡

・和ゴン  幻のお米「ハツシモ」を使った米粉ワッフル専門店。カリカリもちもちの新食感和ッフル♪

・草木堂野菜店  安全で美味しい旬の野菜をお届けしてくれる野菜専門店!

前橋で行っていた「ヤサイヤタイ」!高崎でやってくれないかなあ・・・

・はるカレー  父娘の珍しいコンビで作るやさしい家庭の味☆(初出店)

・Pizza Pizza Pizza  注文を受けてからその場で焼き上げる自家製ピザは最高!

・Tasuku  インディゴとカレンシルバーのアクセサリーは男女問わず素敵です。

・Bee house  多肉植物でも人気の高いエケベリアを、独自で交配しているBee houseさん。

マニアの方にはたまらない魅力満載!当日は整理券が配布されます。(初出店)

・tokiko  親しみやすい布雑貨で、小さなお子さん連れのご家族に人気があります☆

・手縫い布小物 まる  独特のユーモア溢れる布小物を作っています♪

毎回新たな自己アピールバッジが生まれているようです。

・ガンコ親父 創栄  マルシェではお馴染みとなった現役大工の創栄さん!

若いみんなのエネルギーを吸収して、いつも元気です!

・Tea Tree  多肉の寄せ植え体験は、気軽に楽しめる初心者向けの嬉しいワークショップです。

・Koiketama  さをり織りで作り上げる作品は、どれも世界で一つ!

・kleine Biene(クライネビーネ)  母娘のコンビで作る、草木染め編み物。これからの季節の必需品多数。

・ring spin  親子でワクワクしてしまう、手作りヘアアクセサリーたちが新登場!初出店のリングスピンさんです。

・SOW雑貨店  革製品のSOWさんというイメージでしたが、今はいろんなものを作られています。

洋服が見たいなあ。。

・Verdure  花びらやビーズを使った華やかで女性らしいアクセサリーを作られています。今回初出店!

・円~Design studio MARU~  「シンプルだけど飽きのこないデザイン」をコンセプトに
猫の首輪やペット用食事テーブルを作られています。オーダーもありかも!

初出店です!

・florist nocturne   お花屋さんのflorist nocturneさんが、リース作りのワークショップを

してくださいます! 貴重な自然素材・宿り木を惜しげもなく(登山までして!)

今回準備してくださるとあって感激ひとしお♡ 体験は破格の¥1000です。

今回初出店!!

・Ron-Roner Design  メヘンディを行ってくださるお店です! (ヘナの染色能力を利用してお肌を染る

自然由来のボディアート)  今回初出店☆

・coppa house  コラボハウスで現在「空想ART展」を行っていますが、ご夫婦でのコラボで、

雑貨の販売も行われます。

 

以上24店舗となります。

 

今回出店数も多く、来場者数も大変に多くなることを予想しています。

店舗敷地内には駐車できませんのでご了承ください。

駐車場は別の場所を借りております。

当日誘導も入りますので、案内に従って駐車をお願い致します。

※アルベロ.マルシェでは、毎回出店者の皆さまにお題を出しています。

そのお題に沿って、A4用紙に自分の言葉で表現して来ていただいています。

今回のお題は、いい夫婦の日にちなんで「恋ばな♡」

既婚未婚問わず、恋愛にまつわるエピソードや、自分の考え、初恋の思い出、

失敗談などなど、なんでも構いませんので、必ず朝提出をお願いします。

今回は店頭に一斉に貼り出します。

お客さまに楽しんでいただくものですので、ご協力のほどお願い致します!

 

では22日、皆さまと楽しいひとときを過ごすことを心待ちにしております。

???????????????????????????????????????????????????????????????

今年のカブトムシ採り体験について

大変お待たせしております。

今年のカブトムシ採り体験についてお知らせします。

本当に悩みに悩んで、決めました。

というのも、アルベロ.の仕事量が増えすぎ、二人とも

時間を作ることが難しくなっている状況です。

7月は申し訳ありませんが開催が出来ません。

今年は、8/1~7までの一週間のみといたします。

短期間となり、申し訳ありませんがご了承ください。

一日二家族のみです。

朝6時にアルベロ.集合です。

ご予約はアルベロ.ホームページにあるメールフォームか、Facebookへのメッセージ欄に

参加希望代表者名

当日朝連絡が取れる電話番号

参加する大人の人数・子どもの人数

希望日第1希望から第3希望まで

追ってこちらからお返事申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

アルベロ.として、人生の最終章に関われる喜び

東京に住む女性の方で

いつもお店に立ち寄ってくださる方が

「亡くなった母が、アルベロ.のジェラートが大好きだったんです。」

「今は父が入院していて、早く食べたいといつも言っているので、

退院したら食べに行こうと話しているんです。」

と、涙を浮かべながら話してくださったことがありました。

その方が先日、お父様が退院されたということで

その足でアルベロ.に来てくださいました。

ご高齢の、やせ細ったカラダで

「やっと来れたよ。本当に食べたかったんだ。」

と私に言ってくれた時は、もうお顔をまともに見れないほど

感謝と感動で一杯になりました。

娘さんは「癌が見つかってから、たったの半年で逝ってしまった母にも

食べさせてあげたかった。」と。

私も随分前に父を亡くしました。

亡くなる10年以上も前から、会うこともなくなっていましたので、

生前の父との記憶は、子どもの頃のまま。

うなぎの職人として、私に得意げに蒲焼を作ってたべさせてくれたことばかりが

頭の中にぐるぐると駆け巡るばかり。

美味しいうなぎのお礼に、ジェラートを食べさせてあげたかった。

今の自分なら、きっと父と対等に話が出来たんじゃないかって思うんです。

そんな思いがこのとき胸を締め付けました。

看護師を辞めて、もう5年。

看護師を辞めたことに対する悔いはまったくないというか、

今でも自分は看護師であるという信念みたいなものは

ココロの中心にあるので、悔いという言葉は当てはまらないというのが

的を得ている感じでしょうか。

ジェラートを作ること。

お菓子を作ること。

人を繋ぐイベントをすること。

sunny birdの活動。

そのすべてに共通して貫かれていることは

看護の心です。

「どうしてそんなに頑張るんですか?」

そんなことを最近は言われるようになりました。

私としてはまだ足りない。

まだまだ足りない。

自分に出来ることはもっとあるはずだと思えます。

どれだけ出来るのか分かりません。

でもまだ私の頭を、まだまだだと、さまざまなことが思い浮かびます。

必死の思いで生き抜くこと。

どこまで出来るかやり続けたい。

強気で生きたい。

強く強く、もっと強く。

強くて太い、どんな風にも倒れずに

周りの木々を支える大木に。

アルベロ.がそんな木として、みんなを守り支える存在になれるように。

辛くて苦しくて、どうしていいかわからないとき

思い出してもらえるアルベロ.でありますように。

そんな味と場所をこれからもずっと。